広告ミックスで新患集客

医療

クリニック広告

看板?チラシ?それともHP?

ターゲットとコストから選ぶ
-クリニックの広告事例-

経営

- 2015.11.05 -

広告手法の特徴を知って投資する

BtoCマーケティングとして、広告は重要な集客ツールとなります。
ただし、多くの人に見てもらえばよいという単純なものではなく、目的と絞込みが必要です。
以下では、代表的広告手法について、それぞれの特徴を見ていきます。

広告の類型と評価

①看板

看板では、設置する場所によって効果が変わってきます。
第一に、クリニック前に設置する看板です。
これは、近隣住民や道路の往来者をターゲットにしています。
ほとんどのクリニックが設置しており、初期コストは高いものの、維持費用は安く済みます。
この広告は、まずデフォルトと考えて頂いて差し支えありません。
【効果 ★★★ コスト ★】

第二に、公共交通機関に設置する看板です。
これは、看板というよりシールやラベルといった類のものも存在します。
特性上、不特定多数のサラリーマンや学生がターゲットになるでしょう。
駅看板広告は維持コストが高くなりますが、バスやタクシー等では比較的安くなります。
【効果 ★★ コスト ★★★】

第三に、電柱看板です。
これは、広告というより、いわばクリニックへの道案内的役割を果たすものです。
初期・維持コスト共に低くなりますが、効果は疑問です。
【効果 ★ コスト ★】

第四に、野立看板です。
主要幹線上に設置するのが一般的で、ターゲットは車利用者です。
初期コストは高いものの、維持コストは公共交通機関ほど掛かりません。
店舗ビジネスであることを考えれば、診療圏内の地元民が頻繁に利用する道路が良いでしょう。
【効果 ★★★ コスト ★★】

②チラシ

チラシでは、媒体によってターゲットとコストが異なります。
第一に、新聞折り込みチラシ広告です。
比較的、高齢者や主婦層への訴求に強い媒体です。
ただし、かかるコストは高くなる傾向にあり、小規模クリニックではあまりお目にかかることはありません。
【効果 ★★★ コスト ★★★】

第二に、フリーペーパーへの出稿です。
この場合、高齢者よりも年齢層の若い主婦や女性がターゲットになるでしょう。
クーポンを発行することも多く、値引き合戦に陥る可能性もあります。
【効果 ★★★ コスト ★★】

第三に、ポスティングです。
DM広告などもこの範疇となります。
ポイントは、いかに必要とする層へポスティングできるかです。
また、開封して読んでもらうためには、封筒デザイン等の工夫も必要です。
なお、無作為なバラマキはコストがかかるばかりか、印象を悪化させる可能性があるため、注意が必要です。
【効果 ★★ コスト ★★★】

第四に、院内パンフレットです。
これは、新患集客の広告というより、リピーターの確保に効果を発揮します。
クリニックスタッフの顔の見える院内便りや、イベント開催予定等が掲載されます。
情報開示により信頼性を高める効果もあります。
【効果 ★★★ コスト ★】

③ホームページ

ホームページは、新鮮な情報を無限に発信できることがメリットです。
看板やチラシでは伝えきれないメッセージを、ふんだんに盛り込むことができます。
また、初診者は必ずクリニックのホームページを見て決めるほど、重要な販促ツールとなっています。
他方、ホームページは維持費用がネックとなります。
リスティング広告やSEO対策にはまってしまう方も多く、泥沼に陥ることもあります。
【効果 ★★★ コスト ★★】

④人的マーケティング

人的広告手法として、町内会や老人会等への地域コミュニティへの顔出しがあります。
口コミを喚起させるためにも、非常に有効な手段となります。
地域紙への無料の医療情報出稿等も効果的PRです。
【効果 ★★★ コスト ★★★】

記事一覧へ

【注】本Tipsでは、投稿日時点の情報を掲載しています。記事に関する税務・個別具体的判断につきましては、最寄の税務署または顧問税理士・税理士法人等へ相談確認して下さい。万一当記事に基づいて発生したいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねます。